実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ランキングをチェックして最適なfaxdmを探そう

faxdmサービスは多数の業者が提供していることから利用先を決める時に迷う場合もありますが、その際に役立つのが、こちらのランキングサイトです。このサイトでは各faxdmサービスを順位付けで紹介しているため、人気の業者も簡単にチェックできます。

初期費用や基本料金をはじめ、配信単価などの料金情報も詳しく案内されていますから、安い業者を探さす時には打って付けです。また、サービス内容も細かく載っていますので、ネット完結タイプなどの使いやすい業者も手軽に調べられます。

さらに原稿アドバイスに強い業者が掲載されている点も魅力的です。このランキングサイトを活用すれば、反響率をアップさせるノウハウを持った業者も探せますから、パフォーマンスに優れたfaxdmサービスを希望する際は、隅々まで収録情報をチェックすることをおすすめします。

ネクスウェイ

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

広告を行う方法としてFAXDMがあります。独自に行うこともできますが、なかなか効果が得られなくて困ることもあるでしょう。ネクスウェイはFAXDMサービスを提供している会社で、多くの企業で利用が進められています。どこにポイントがあるかです。

こちらでは、効果を出すためのいろいろなサポートしてくれます。重要な点として、原稿作成前に行われる目的整理とターゲティングです。何となく送ってしまうことがありそうですが、目的をしっかり定めることで、狙い通りの原稿が作成できます。

原稿作成のサポートもしてもらえるので、反響率が良いと評判になっています。原稿作成が終われば、いろいろなタイミングで配信をしてもらうことが出来るので、より効果のある広告をすることが出来、売上アップにつながります。

公式サイトはコチラ

新宿FAX同報配信センター

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★

新宿FAX同報配信センターでは、初めての方でも安心の原稿製作から配信までFAXDMをトータルにサポートする新しいスタイルのFAXDMサービスを開始しています。評判が良い理由は、反響率のブレを徹底分析したシステム構築にあります。

法人データは商工会議所、法務局、各種媒体などを基に独自の構築を行っている為、大幅なコストダウンを実現し、通常FAXDMに使われない未開拓の高精度データの利用を可能にしています。またFAX一斉同報回線を複数用意することで安定的で高速に配信する事も可能です。

新宿FAX同報配信センターのコンサルティングノウハウを使うことで、文章構築から貴社業界トレンド調査まで徹底的にサポートしてくれます。データもGISシステムを活用することで近隣から広範囲にデータを精密に検索する事が可能です。

公式サイトはコチラ

Urizo

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★

UrizoにFAXDMを依頼することは、顧客獲得のための有効な手段です。実際にUrizoに仕事を依頼したことのある企業は多く、実績として、35,000件を受託しています。これは信頼できる企業である証拠とも言えます。

またUrizoに依頼するメリットとしては、反響率の高さがあります。名簿リストも会社のに合ったものを選択してくれるので、闇雲に送付をするわけではないことも、Urizoが依頼者から良い評判を得ている理由です。

FAXDMは時にクレームを受けることもありますが、その際の対応もUrizoならば請負ってくれます。企業に悪いイメージを与えないように、上手く対応してくれることも、強みと言えますので、Urizoに仕事を依頼することは、多くのメリットがあります。

公式サイトはコチラ

ネットリアル

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★

ネットリアルでは、DMのリスト作成、DM発送、電話営業代行、メール配信など行ってます。企業によっては、売り上げに悩んでる所もありますが、ネットリアルでは売上アップの手段やノウハウを提案してくれる総合支援サイトです。

DMの作成など手間がかかることを代行して行います。利用されるには無料会員登録をされた後、マイページから操作することで、様々なサービスを利用出来るようになります。ネットリアルを利用されたことによって、反響率が高くなったという所も多く、大変評判がいいことから利用される企業も多くなってます。

販売促進のためにメール配信や電話での営業など欠かせないものなので、代行してくれるサービスに喜んでくださる方も沢山いらっしゃいます。他にもいろいろなサービスを行ってるので、それに多大な時間がかかってしまう時に活用されると便利です。

公式サイトはコチラ

オフィスクリエイト

総合評価 ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★

オフィスクリエイトでは、FAXDMを高画質で送信することが出来ます。FAXDMは同一の文章を複数の方に、一斉に情報を送れる画期的なシステムです。一般的にはダイレクトメールをFAXで送る時に使用されています。オフィスクリエイトは、依頼される企業からFAX番号が記載されてるリストと送られる原稿をお預かりして、FAX送信代行をファインモードで行ってるのが特徴です。

誰でも簡単にFAX番豪リストの収集の仕方をご覧になれます。送信FAXデータをお持ちでない方であれば、オフィスクリエイトのデータを使用することになります。送信FAXデータをお餅であれば依頼されるお客様のデータを使用することになります。それぞれの場合に対してかかる費用をご覧になれます。

効率化を図れるため利用された方の評判もよく、一斉に情報を送れることから反響率も高くなってるというお客様からの意見も多く聞かれます。オフィスクリエイトのFAXDMの申し込みフォームもありますので、ご活用してもらいたいです。

公式サイトはコチラ

TOP FAX

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★

広告を受けるとき、無駄と感じるものを受けることがあるでしょう。これは広告を出す方が特に送り先の絞り込みをしていないからです。もちろん送信には1件当たりで料金がかかります。無駄なところに出しても効果は込むことが出来ません。

TOP FAXはFAXDMサービスを提供してくれる業者で、効果が高いと評判です。料金が安いために利用することがありますが、それ以外にもメリットがあります。その一つに地域や業種を指定して送信してくれるところです。

ある市には送りたいが隣の市には送りたくない、ある業種の会社に送りたいが別の業種には送りたくないなどがあります。指定をすればそれらに対してピンポイントな送信なので反響率も高いです。料金が安いうえ、無駄もなくすことが出来ます。

公式サイトはコチラ

faxdmを利用するメリットを把握しよう

顧客や各企業に新しい商品、新サービスを宣伝する時にdm媒体を活用する事が一般的となっています。dmにはメール、チラシ、faxなどが利用されますが、この中で最も効果を発揮するのがfaxdmです。faxdmを利用するメリットとして、開封率が100%と言うことです。
例えば、メールを利用した場合では迷惑メールフォルダに分類されてしまう事もあり、チラシでは他のチラシと一緒になった場合に情報がうまく伝わらない事があります。faxdmでは企業担当者の方が必ず目にするので、有益な情報が伝えやすくなります。
さらに、他のdmと比べてかなりコストが安いと言うのも大きなメリットです。1通あたり5円から10円で利用することができ、短時間で作成できるのも魅力です。より興味を持ってもらえるように、デザインやフォントの使い方などを工夫すると良いでしょう。


faxdmなら宣伝効果が期待出来ます

日本においてはかつての高度経済成長の時期においては、製品やサービスが飛ぶように売れて行きました。その後に続いた大量消費社会においても同様であり、そのように消費することが豊かさの象徴のように思われていました。
それが現在においては、様相が変化してきています。成熟した市場環境もあり、以前のようには製品やサービスが売れなくなってきています。
また環境問題などの影響も少なからずあり、大量消費も容認されないこととなってきています。多くの企業はそんな状況の影響をまともに受けており、業績悪化に苦しんできています。そんな状況を打破しようと積極的に製品やサービスの良さを消費者にアピールしてきており、そのときに効果的に活用されているのがfaxdmサービスになります。
狙った顧客層に効果的にアピール出来ると注目されてきています。


一通あたりのコストが数円で済むfaxdm

faxdmは、とにかく値段が安いのが魅力ですね。一通あたり5円前後で依頼できるので、数万社をターゲットに指定しても、十数万円しかかかりません。数十万社にfaxを送付してもそう大きな費用負担にはならないのが最高です。住所リストがなくても、たいていの業者はリストを独自に用意してくれています。基本的には企業への宣伝しかできないのがデメリットですが、とにかく費用が安く済ませられるので、利用価値は高いです。
業者によっては、350万以上の膨大なリストを抱えている場合もあります。安価に効率的に宣伝がしたいなら、faxdmというのは割といい選択肢になることでしょう。
対企業を考えた場合は、これ以上ない方法になるかもしれません。もちろん個人で使うこともできるので、調べてみるといいでしょう。報道機関のみにターゲットを絞ることもできますし、使い方は人それぞれ考えられますね。