実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ホーム > faxdm情報 > 他の広告と比較してうまく活用する

他の広告と比較してうまく活用する

 ビジネスには商圏があります。どれくらいの範囲のお客さんに対して販売をするか、サービスを提供するかです。
 個人商店であれば、基本的にはお店に来てくれる人が対象になります。店がある町などが中心で、せいぜい市内の人に知ってもらえれば十分でしょう。
 一方会社であればもっと広い範囲の人に売り込みができます。買ってくれる見込みがあるところに広告をすれば、それを見た人が興味を持ってくれるかもしれません。日本だけでなく、世界から顧客を得ることもあります。


 こちらのサイトは、faxdmの配信代行などを行う業者の情報やサービス内容の情報などを見ることが出来ます。
 一般的なDMは、郵便などを利用して広く広告を行うことが出来ます。基本的には日本全国に行えるので、全国を商圏とするビジネスをしている場合に有効な広告と言えます。ただし、郵便物なので開封をしてもらえない場合があり、コストがかかる割には効果が得られないケースがあります。あまり知られていない会社だと、効果を得るのが大変かもしれません。
 おすすめになるのがFAXを利用したDMです。書面がそのまま送られるので、開封率を気にする必要がありません。以前は受け取り側が紙のコストを嫌うことがありましたが、最近はイメージをチェックできるようになり印刷をせずに中身を見てもらえるようになりました。配信拒否が少なくなった分、より効果のある広告が期待できます。
 このサービスはFAXを保有している相手に情報を送ることになるので、全ての業者や家庭に対して送ることが出来るわけではありません。


 あくまでも広告の一つとして捉える必要があります。同じようなサービスとして、電子メールを利用した配信があります。コストはFAXよりも安いことがあり、世界にも送ることが出来るので利用するケースが増えています。
 ただ、メールの場合はイメージ情報を送るのが難しくなります。HTMLで送れば送ることが出来ますが、セキュリティの関係でHTMLでのメール受信をしない設定にしている人もいます。電子メールだと文字情報でしか広告ができません。
 FAXであれば、文字情報もイメージ情報も掲載することが出来るので、イメージをうまく活用した広告をすることが出来ます。文字情報を中心に行いたいならメールを選んでもいいでしょうが、商品やサービス、その他内容をわかりやすく示したいならFAXを利用した広告の方が良いでしょう。業者には原稿の作成を行ってくれるところもあるので、よりわかりやすいイメージで広告できる可能性があります。

カテゴリー