実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ホーム > faxdm情報 > faxdmで積極的にアプローチしよう

faxdmで積極的にアプローチしよう

 新しい商品やサービスを利用してもらうためには営業などの努力はもちろん、ダイレクトメールもうまく活用していきたいところです。
 ダイレクトメールを送る方法はハガキや封書のほかに、最近ではメールでのアプローチも増えています。とはいえ、メールは費用の負担や配送の手間が少ないものの、迷惑メールとして処理されてしまうこともありますし、ハガキや封書も未開封のまま処分されてしまうことも珍しくありません。確実に開封してもらうのであればfaxdmを活用してみることも考えてみましょう。
 まず、企業ではほぼ100パーセントファックスが用意されていますし、封書などとは違い、すでに開封された状態で配信されますので、確実に見てもらうことができます。それゆえ郵送などのダイレクトメールは準備に時間も必要ですが、ファックスなら原稿を用意してセットすれば多くの企業にも短時間でのアプローチが実現できます。


 よりコストを抑えて確実なアプローチをしたい場合はおすすめのfaxdmですが、ただやみくもにファックスを送信すれば良いというわけではありません。関心を持ってもらうためには、まずは魅力ある原稿を作成することが大切です。
 まず読みやすいレイアウトで作成することが大事ですので、読む側の立場になって原稿を作っていきましょう。それから送信するタイミングも考えておきたいところです。企業や店舗が休んでいる定休日に送ってもあまり高い効果は期待できませんし、深夜などの配信では誰にも見てもらうことはできません。
 それゆえ、原稿の内容やレイアウトに力を入れることはもちろん、ターゲットに合わせて配信日や配信時間を変えていくということも考えていきたいところです。


 ァックスの送信は自社でも行うことができますが、より高い営業効果を期待するのであればfaxdmの専門業者の利用も考えてみてはいかがでしょうか。
 まず、こうした業者は多くのリストを持っていますので、より多くの企業や店舗にアプローチしていくことができますし、オプションを利用すれば原稿の作成、添削なども行ってもらうことができます。
 さらに配信予約など作業の代行を行ってもらうこともできます。初期費用や配信単価、基本料金なども業者ごとに違いがありますので、コストパフォーマンスの良さも重視して選んでいきたいですし、サービス内容やオプションの内容も違いがありますので、こちらもじっくり比較しておきましょう。
 保有リストの多さも大事ですので、こちらもよくチェックしておきたいところです。

カテゴリー