実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ホーム > faxdm情報 > faxdmの優れているポイント

faxdmの優れているポイント

郵送のDMに関しては、企画から始まり発送に至るまで、数週間は必要になりますが、faxdmにつきましては、原稿のみできればその日でも配信することができます。それに加えて、郵送のDMのケースでは、印刷料や発送料そして、郵送料を入れて100円程度必要になりますが、faxdmは郵送のDMの1/3に届かない費用で活用することができます。
また、郵送DM、あるいはメールDMとは異なって、最初から開封されている状態で顧客に対して送付されますので、現実の上で読まれる率はほとんど100%になります。資料請求のアンケート、あるいはプレゼントを付けると、配信した後間をおかず問い合わせが見受けられます。
また、紙媒体ですから、保存する率も非常に高く、送信費用が安いことからコストパフォーマンスも突出しています。
つまり、レスポンスがスピーディーで、費用対効果が良いといえます。


faxdmと他の手法との相違する点

郵送DMに関しては、1通当たり100円超のトータルコストがかかります。
その一方で、faxdmにつきましては、送信の代行業者に外部委託したところで、1通当たり5円前後で送信することができます。
さらに、郵送DMは、封筒の内容を見てもらえる前に不要と判断されることが相当あります。また、メール広告もおなじように、本文を見てもらえる前に消去されることが少なくありません。一方、faxdmは、開封された状況で相手方に届くことになることから、見てもらえる前に不要と判断されるという可能性を避ける事ができます。それから、郵送DM、あるいはチラシ等の印刷の広告は、制作や、印刷そして、発送作業などの段取りが必要となり、広告が開始するまでに1週間~2週間の期間が求められます。
それに対し、faxdmは、原稿のみあれば、短くて次の日に広告をスタートができます。


faxdmに関しての基礎的知識

faxdmと言いますのは、いわゆる顧客予備軍に対しFAXによって、ダイレクトメールを発送する広告のことを指します。 FAX番号の整ったリストそれから、FAX送信機、さらに原稿があるのなら、スタートすることができます。
また、リストそのものがレンタルすることができるfaxdmの送信代行業者はいくつも存在しますから、原稿のみあれば、速効でスタートすることができます。送信機の性能にも影響されますが、少ない配信であれば、昼休みなど、時間をキッチリと設定してFAXを配信できます。
要するに、客が一番広告を読んでくれやすい時間に照準を合わせて配信することができます。
また、faxdmの結果は、ほとんどの場合数日ではっきりします。要するに、客のニーズを確認するための、実験用の広告として活用することができます。

カテゴリー