実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ホーム > faxdm情報 > faxdmはファックスを使用したダイレクトメール

faxdmはファックスを使用したダイレクトメール

faxdmはファックスを使用したダイレクトメールです。
ダイレクトメールには他にインターネットメール、冊子やハガキなど郵送メールがあります。
しかしインターネットメールはスパムメールと警戒される場合が多くて未開封のまま捨てられる可能性があるし、郵送の場合はコストがかかりすぎるという問題点があります。
ファックスを使用したダイレクトメールの場合は、この両方の欠点を解消しやすい可能性として使用されてきました。
というのはファックスの場合は、その印刷された紙を捨てるにしても、その過程で目に見えやすい状態だから情報を見てしまうという点で重宝してるからです。
また送信コストもインターネットメールとあまり大差ないことも利点の1つでありました。
ただこのファックス使用のダイレクトメールは、2017年の12月から特定商取引法の改正により、相手先からの承諾を得ないと送信できないようになってしまいます。
というのはファックスのダイレクトメールの場合は、情報印刷コストは自分たちで行なわず、相手先の用紙とインクを消費させてしまうことで、苦情が多発してしまったからです。
そのため今後は承諾を得やすい相手先選び、そしてそのための記録保存などの対策が欠かせなくなります。



faxdmで相手に読んでもらいやすい原稿

目に通す率が100パーセントといわれているfaxdmのメリットは、飛び込み営業と同様、相手に直接自社の商品について理解してもらえることでしょう。
リーズナブルな価格で自社に関するDMを送るメリットが高い営業方法ですが、文面や内容に気を配ることによって、クレーム回避につながる為、業者と相談して誠意あるFAX原稿を作りましょう。
基本的に利用されている物を上手に活用する為に、どれくらいの大きさの紙を使うべきか、相手の企業が目を通しやすいインパクトのある内容はどの部分にこだわればいいのか、確認する事が重要です。
利用するポイントを把握し、わかりやすく相手に対して伝えやすいものを完成させることで、よりよい結果につながるといわれています。
信頼できる物を完成させるためには、業者との打ち合わせによって完成させる事が肝心です。



faxdm代行業者を選ぶポイントは比較サイトで

自社でfaxdmのノウハウがない場合には、専門的なノウハウを持つ業者に依頼する事が基本といわれています。
ポイントとして挙げられているのは、業者によって料金が異なること、サービス内容を詳しく確認することです。
業者によって料金は一緒であっても、サービス内容が大幅に異なることも珍しくありません。
また、ファックス一枚にかかる単価を確認して申し込むことで、自社の経費を抑えてノウハウを学べるでしょう。
比較サイトも登場しているほどfaxdmに関する企業は存在している為、情報収集を行いやすいといわれています。
企業として多忙であれば代行業者に全てを任せる選択肢もありますが、情報を適切に収集し、利便性を的確に把握して申し込む事がメリットといえるでしょう。
ポイントとして挙げられているのは、利用する範囲と、自社におけるメリットを理解してサービスを活用することです。

カテゴリー