実際に試して分かったFAXDMの使いやすい業者ランキング

ホーム > faxdm情報 > faxdmは双方にその機材があって有効となります

faxdmは双方にその機材があって有効となります

 faxdmはファックスを利用したダイレクトメールの宣伝となります。この宣伝方法は何十年も前に編み出されていて、今も使用されています。今の宣伝方法では他にインターネットでのメール宣伝が代表的となりますが、インターネットメールだとよほど関心のない場合を除いては開封してくれないという問題を抱えています。しかしこの方法では自動的にファックスの前にすでに印刷された宣伝用紙がおかれているので、目につきやすくなります。
 ただこの宣伝方法は相手先にもファックスがないと成り立ちません。個人の家の場合だとインターネットはあってもファックスがない場合が大半となります。そのためにこの宣伝方法の相手は個人ではなくて、法人や個人自営業などの商売関係者でないと成り立ちません。
 なおこの宣伝方法では仲介する専門の業者が存在します。仲介専門業者は原稿の校正を行ったり、大量の相手先に一気に送信したり、宣伝した後の反応率を分析したりなどのサービスを行ってくれます。


 faxdmをどの様にして使うのか

 dmと言えば、そのイメージはお金がかかるや反応が薄いなど良い印象はあまりないのではないでしょうか。しかしfaxdmなら、その様な事を解決できる可能性を秘めています。
 まず第一に一斉に企業にfaxするためコストも紙のコストだけで良いと言うことです。これは大きなコスト削減に繋がり反響も確認できます。必ず受け取るため担当者の目にとまりやすく何が書いてあるのか一度は確認するからです。そして、興味があるならすぐに返信できるのも手間がかからずに行動に移せるメリットになります。
 こうした手法を用いることで企業の間で情報交換をしたりして常に新しい情報を仕入れ参加したいセミナーなどに訪れる事で知らなかった知識が手に入るかもしれません。タイミングと使い方をしっかり把握しプラス方向に持っていければ効果はかなり評価できます。


 faxdmを利用して宣伝効果を高める

 宣伝効果を高めるために、広告を打つのは欠かせない事です。媒体は新聞であったり、新聞の折り込み広告であったり、街中の看板広告やポスター、駅構内や電車の吊り広告などがあります。他にもテレビCMや雑誌の広告欄に乗せるなどの方法もあります。ですがこれらはターゲット層が広く、不特定多数の人に見られる広告です。それと違ってfaxdmは希望する企業などへ送る事が出来るので狙ったターゲット層に広告を送る事が出来ます。
 今ではfaxdmの業者も増えてきて、その会社なりのサービスや強みを持っています。例えば何万件の送信にも対応できる回線を持っていたり、希望するジャンルの企業だけに絞って送る事が出来たり、沢山の企業リストを持っていたり等です。なので自分で一件ずつfaxを送信するとなると日が暮れても終わらず、延々と作業が終わりません。これを業者に頼む事でさっと送信が完了して時間的コストの削減につながります。

カテゴリー